新!辞めログ

辞めたことで見えてくるものがある。これまで仕事転職を通じての考え経験を発信。

職場でスルースキルは必要?スキルの高い人の特徴を解説

  • 小さなことでも気になってしまう
  • スルースキルを身に着けたい
  • スルースキルを高める方法は無いの?

職場での円滑な人間関係や効果的なコミュニケーションは、成功するキャリアの要素の一つと言えます。

その中でも、スルースキルは特に重要なスキルの一つです。

今回は、スルースキルとは何か、その重要性、高いスルースキルを持つ人の特徴、そしてスキルを磨く方法について詳しく解説します。

〇本記事からわかること スルースキルの高い人の特徴 スルースキルのメリット スルースキルを身に着ける方法

スルースキルとは?

「指を差して不満気にダメ出しする上司」の写真[モデル:大川竜弥]

スルースキルは、相手の言動や態度を冷静に把握し、適切に対処する能力を指します。

これは、他者とのコミュニケーションにおいて、感情や意図を読み取りながら、自らの感情を適切にコントロールすることが求められるスキルです。

単に「我慢」や「無視」することではなく、相手の意図を理解し、効果的な対話や行動をとることが重要です。

なぜスルースキルは必要なの?

「頭を抱える案件ばかりで苦悩する女性社員」の写真[モデル:SAKI]

社員の退職理由の中で「人間関係」が主要な要因とされる中で、スルースキルはその課題に対処するために欠かせないスキルとなります。

スルースキルを身につけることで、ストレスを軽減して仕事の苦痛を少なくすることができます。

 

些細なことでも気になってしまう。スルースキルが高いとくだらないことで悩まなくなります。

スルースキルが高い社員の特徴

「びっくり仰天してお腹のボタンが弾けそうな男性」の写真[モデル:ダルマ親方]

スルースキルが高い社員は、職場において積極的でありながらも冷静な判断力を発揮し、円滑な人間関係の構築に貢献します。

以下に、スルースキルが高い社員の具体的な特徴を詳しく解説します。

これらの特徴は単なる仕事のスキルだけでなく、人間関係や組織の健全な成長にも寄与する重要な要素です。

ポジティブに物事を考えられる

スルースキルが高い人は、困難な状況にも前向きな姿勢を持ちます。

仕事や人間関係の課題に対して悲観的にならず、積極的な解決策を見つける能力があります。

このポジティブな考え方は、職場全体の雰囲気を明るくし、協力関係を築く一助となります。

人目を気にしない分集中力が高い

他人の評価や意見に左右されず、自分の信念や目標に集中できる特徴があります。

これにより、冷静な判断や自己主張が可能であり、他者とのコミュニケーションにおいても自分をしっかりと表現できます。

 

客観的に物事を捉えられる

感情や主観的な見解に左右されず、客観的に物事を捉えられる力があります。

これにより、冷静な判断が可能であり、複雑な状況においても冷静に対処できます。

客観性はコミュニケーションの円滑さに寄与し、問題解決においても有益です。

適切なコミュニケーション能力

スルースキルが高い人は、相手の感情や意図を理解しつつ、適切な言葉や態度でコミュニケーションをとることができます。

他者との良好な関係を築くためには、相手の立場や視点を考慮したコミュニケーションが必要であり、これがスルースキルの一環です。

空気を読んで言葉を選ぶ能力が高いと感じます。言葉を選ぶ能力が高い人は仕事でも良い結果を出しています。

柔軟性と適応力

状況や人間関係が変化する中で、スルースキルが高い人は柔軟かつ素早く適応できる特徴があります。

変化に対する恐れやストレスを最小限に抑え、新しい状況に対して前向きに取り組む姿勢が重要です。

感情のコントロール

スルースキルが高い人は、自分の感情を冷静にコントロールできる能力があります。

怒りっぽくならず、ストレスによって感情が制御を失わないように注意深く振る舞います。

これにより、他者との対話や協力が円滑に進むことが期待されます。

スルースキルが高いメリット

「薔薇を持って意中の人に告白タイム」の写真[モデル:SHUN] スルースキルが高まることで、仕事環境が改善され、個人やチームのパフォーマンスが向上するとともに、プロフェッショナリズムとしての魅力も高められるでしょう。

スルースキルを高めておいて損はありません。

仕事の生産性が向上する

スルースキルが高い人は、同僚や上司の意図を理解しやすく、適切な対応ができます。

これにより、業務プロセスがスムーズに進み、効果的な判断や決定が行えます。

結果として、仕事の生産性が向上し、プロジェクトの進捗も良くなります。

仕事がより楽しく充実する

スルースキルが高いと、誤解や対立が減少します。

適切なコミュニケーションがとれ、協力関係が築かれるため、仕事がストレスなく円滑に進むことが期待されます。

これにより、楽しさや充実感が増し、働く環境が良くなります。

くだらないことで悩まず感情が安定しています。

自信がつき、新たな機会が広がる

スルースキルが高まると、他者との円滑なコミュニケーションが可能になります。

これにより、自分の意見やアイディアを適切に伝えることができ、他者からの信頼も得やすくなります。

自信がつくことで、新たなプロジェクトや責任ある仕事が回ってくる可能性が高まります。

また、他者の意見や感情を尊重し、適切に対応することができます。

これにより、良好な人間関係が築かれ、チーム全体の協力関係やコミュニケーションが向上します。

良好な人間関係は、チームの目標達成に向けた努力を促進します。

相手の言動をいちいち気にしない。相手に何か言われたりして気にしてると自己肯定感を下げてしまいます。

ストレスや誤解が減少する

スルースキルが高い人は、他者とのコミュニケーションにおいて感情や意図を正確に理解することができます。

これにより、誤解や不必要なストレスが減少し、職場の雰囲気が良好になります。

適切なコミュニケーションは、問題解決にも寄与します。

スルースキルが低いことのデメリット

「マッスルポーズで威張る会社員」の写真[モデル:段田隼人] スルースキルの低さは、仕事だけでなく全体的な職場環境に対する適切な対応が難しくなります。

これにより、ストレスやプロフェッショナリズムの不足が引き起こされ、キャリアの発展に制約をかけることが考えられます。

そのため、スルースキルの向上は、個人の職場での適応力や成果に対するポジティブな影響を生むでしょう。

仕事に集中できず生産性が下がる

スルースキルが低いと、同僚や上司の言動に過度に反応してしまいがちです。

他者の意図や感情を理解せず、自分の感情に振り回されることが多くなります。

これが原因で仕事に集中できず、業務の効率や生産性が低下する可能性があります。

悩んでしまって、ずっと他人のことを考えてしまいます。そのため、仕事にも影響がでて、ミスが出たりします。

人目を気にして積極性がなくなる

スルースキルが低い人は、他者の評価や意見に過敏になりがちです。

この過敏さが積極性を減退させ、自分の意見やアイディアを出すことをためらうようになります。

結果として、チームワークや仕事への積極的な参加が妨げられ、キャリアの成長に影響を与える可能性があります。

人間関係で悩み早期退職してしまう

スルースキルが低いと、職場の人間関係で誤解や対立が生じやすくなります。

他者の意図を正しく理解できないため、コミュニケーションの不足や誤解が原因で悩み、最終的には早期退職を選ぶケースも増えています。

これが継続的に起こると、キャリアの安定性や成長に影響を及ぼす可能性が高まります。

 

スルースキルを身につけるための3つの方法

「ジムでダンベルを使った筋トレ」の写真[モデル:鈴木秀] 当たり障りのないコミュニケーションや円滑な人間関係を築くためには、スルースキルを向上させることが不可欠です。

以下は、スルースキルを身につけるための3つの具体的な方法について詳しく解説します。

言葉の裏を読みすぎない

他者の言葉や行動に対して、過度な解釈や深読みを避けることがスルースキルを高める一環です。

具体的なアプローチとしては次の点に留意します

①文脈を考慮する: 発言や行動の背後にある文脈を理解することが重要です。同じ言葉でも状況によって意味が異なることを認識しましょう。

②相手の視点を考える:相手がなぜそのような発言や行動をとったのか、その背景や考えを理解しようとする姿勢が大切です。他者の立場に立って物事を見ることがスルースキルを向上させます。

③確認の重要性:誤解を避けるためには、相手の意図を確認することが有益です。質問を通じて相手の気持ちや考えを理解し、誤解を解消しましょう。

苦手な人とは物理的な距離を空ける

 

職場や人間関係においては、誰しも好き嫌いや相性の違いが生じることがあります。

そのような場合、物理的な距離を取ることで対処できます。

相手と距離を取ることで下記のようなメリットがあります。

①自己保護のための距離:苦手な人との適切な距離を保つことで、ストレスや緊張を軽減させます。これにより、感情のコントロールがしやすくなります。

②無理な衝突を回避:相性の悪い人と無理にコミュニケーションをとらないことで、衝突を避け、仕事や人間関係において冷静な対応ができます。

間接的な嫌みには無視を決め込む

職場や日常生活で他者からの嫌みや否定的な態度に直面することがあります。

スルースキルを向上させるためには、間接的な嫌みに冷静に対処することが必要です。

嫌みを無視するポイントを二つ紹介します。

①感情をコントロールする: 他者の言動に対して感情的にならず、冷静な心を保つことが大切です。感情のコントロールがスルースキルの向上につながります。

②冷静な無視:適切な場面で相手の嫌みや批判に無視を決め込むことで、感情を害することなく対処できます。冷静な態度を保ちながら、建設的なコミュニケーションを心掛けましょう。

総じて感情的にならないことです。一度深呼吸して、感情のスイッチを切りましょう。

まとめ

スルースキルは職場での円滑な人間関係構築やストレス管理において非常に重要です。

言葉の裏を読みすぎないことや、適切な距離感を保つことなど、身近な方法でスキルを磨くことができます。

スルースキルの高さは、仕事だけでなくプライベートでも充実感をもたらし、より良い人間関係を築く一助となるでしょう。