新!辞めログ

辞めたことで見えてくるものがある。これまで仕事転職を通じての考え経験を発信。

辛い仕事を辞めたい。続けるべきなのか?

仕事=辛いもの 辛い思いをして稼いだお金は価値がある 辛いから辞めるは甘えなのか?

以上のような悩みを解決します。

 

○自己紹介

中核市で約五年ほど公務員として働いてきました。その他、外資系企業や大手ホテル業界で働いてきました。中には一ヶ月で合わないで退職した経験もあります。

仕事は辛いものなのか?

女性会社員の表情イラスト「考え・悩み」

いきなり本題に入ります。

結論から言うと辛いです

仕事が辛いものなのは好きなことや得意なことを仕事にしても同じです。

仕事が辛い理由としては

  • 外的要因
  • 時間的拘束
  • 仕事自体ができない

以上の3つが考えられます。

外的要因

まず、外的要因というのは人間関係や職場の環境、通勤時間だったりします。自分ではなく外の環境が影響して仕事が辛く感じてしまうケースです。

仕事自体に不満はないけど人間関係が…って人は多いです。

時間的拘束

次に時間的拘束です。

基本的に仕事は8時間拘束です。その他残業があったりします。そのような場合は拘束時間が長くなってしまうこともあるでしょう。

時間的拘束が長ければ人は自由に行動できません。それ故にストレスに感じてしまうことがあります。時間的拘束が長いのも仕事が辛く感じる要因です。

また、通勤時間の多い少ないもストレスの原因になります。

通勤時間もこれから仕事へ行く、仕事から帰るときの拘束時間です。

通勤中は好きなことはできないし休むことも出来ない。

通勤は時間に拘束されます。

ながければそれだけ通勤に時間を消費します。

これも仕事が辛くなる大きな要因です。

仕事自体が出来ない

最後に仕事自体ができなことです。誰にでも向き不向きがあります。仕事に向いておらず、全く出来ないなんてこともあるでしょう。

私自身も20代前半のころデザイン関連のアルバイトをしたことがあります。全くもって未経験だったのに仕事を選んでしまい、全くできなかったことがありました。自分でも努力しようと何冊も本を購入して勉強しましたがだめでした。

仕事が出来ないのは本人の能力不足か職場環境で決まります。仕事が出来ない=仕事が辛いに直結します。

このように人は何らかの理由で仕事を辛く感じてしまいます。楽して稼げる。成功できるなんてことは世の中にはありません。

辛くても続けるべきなのか?

エコノミー症候群のイラスト

辛くても続けるべきなのか?と悩む人はたくさんいます。

結論、続ける必要はありません。

辛い時は全てがつまらなく感じたり、人生に絶望してしまうかもしれません。

最悪の場合、精神や体を壊してしまいます。そうなってしまっては再起に時間がかかったり先の人生に影響がでてしまいます。

 

辛い思いをして稼いだお金は価値がある?

お金のマーク(円・札)

日本は辛いことや我慢すること、苦労は美徳とされるところがあります。

苦労して稼いだお金はとても価値のあるもののように話す人もいます。

しかし、どう稼ごうがお金の価値は変わりません。

苦労して稼ぐ=正義と感じていた時代はとっくの昔に終わっています。

精神論が通用する世界ではありません。

仕事は苦労してやる、辛いものと言うのは古い。

効率よく仕事を回して、楽しく、好きなことをして稼ぐ時代にあると感じます。

稼ぎ方はいろいろ

ユーチューバーの女の子のイラスト(将来の夢)

最近では終身雇用制度の崩壊が噂されています。

大企業でも定年まで雇っていられるかわからないと言われています。公務員にしても一生安泰とは言えない時代です。

その反面、個人で稼ぐことが注目されています。

正社員での働き方が全てではない。多様な働き方が認められる世の中になってきています。

最も代表的なのはユーチューバーです。

自分で動画を編集して、投稿して広告収入を得る。誰にでも参入しやすく、一発当てる可能性があります。

現在は自分で情報を発信しやすい世の中になりました。いろんな事ができる可能性が溢れています。

一つの会社にとらわれずに広く周りをみてみましょう。

どうせなら楽しいことをしましょう

離れていく若者のイラスト

やりたくない仕事やできない仕事というのは自分自身でわかっているはずです。

これは向いていないんじゃないかな?とかなんとなく感覚でわかると思います。

私自身も過去に失敗した経験があります。

仕事は一日の中で大半の時間を占めます。

仕事が苦痛だと人生がつまらなくなります。

仕事は辛いものです。

しかし、好きなこと、楽しいこと、できることが仕事だとその辛さも乗り越えられます。更に、もっと上を目指そうとやる気に満ち溢れます。

 

辛い毎日を過ごしているあなたへ

仕事が嫌で毎日が辛い。

私も経験があります。

休日でも関係なく仕事の電話が来る。

電話が来て呼び出されれば職場へ向かう。

そして怒られる。

怒られない日が無いほうが珍しいなんてときもありました。

仕事が近づくにつれて気持ちが塞ぎます。

本当に辛いです。

しかし、辛い思いをしているなら行動するしかありません。

実際に辛い原因はなんですか?

今いる職場で問題が解決できますか?

解決できるのなら、上司に相談して見ましょう。

相談も現状を変える立派な行動です。

もし、今の状況を変えることができない…

でしたら、環境を変えるしか方法はありません。

職場を変えて自分の住みやすい環境を探しましょう。

辞めることは逃げではない。

人間は自分に適応した環境でこそベストパフォーマンスを発揮できます。

辞めることが言い出しにくいあなた。

この記事が参考になるでしょう。

 

まとめ

仕事は辛くて当たり前。

楽して稼げるなんてことはありません。

しかし、辛くて人生がつまらなくなることを無理して続ける必要はありません。

辞める=甘えではありません。

どうせ働くなら自分が幸せになれる環境で働きましょう。