新!辞めログ

辞めたことで見えてくるものがある。これまで仕事転職を通じての考え経験を発信。

ハローワークの職員は態度が悪い?親切な人が多いです。

 

ハローワークは、多くの求職者が利用する就職支援サービスの一環として、日本全国に存在する公的機関です。

 

しかし、中には職員の態度に不満を感じる人もいるかもしれません。

ネットには職員に対するネガティブな情報も多く出ています。

本記事では、なぜハローワークの職員には態度が悪いと感じることがあるのか、それに対する対処法や代替手段を紹介します。

〇本記事からわかること

結論から言ってハローワークの職員は親切な人が多いです。 態度が悪いなんてことは無かったです。

ハローワークの職員は態度が悪い理由3つ

 

ハローワークの職員の対応についてネガティブな意見もたくさん見られます。

態度が悪かったり、馬鹿にされるようなことを言われたり、ダメだしされたりと言ったことも経験された方もいるとか。

なぜ、ハローワークの職員が態度が悪いと感じるのでしょうか?

主な理由は三つあると考えます。

公務員だから(先入観)

ハローワークの職員は公務員であるため、一部の人は堅苦しく、態度が悪いと感じることがあります。

しかし、これは先入観に過ぎず、個々の職員によるものであることも考慮する必要があります。

確かに公務員は態度がでかいとのイメージはあります。しかし、一部職員だけであってほとんどの職員は親切です。

 

経験者の高齢職員のギャップ

ハローワークには長く勤める経験者も多く、彼らの考え方や仕事の進め方が新しい世代と異なることが、態度の原因となっています。

年齢層の違いからくるコミュニケーションも原因にあります。

高齢職員の場合、言葉使いが砕けていたりします。

その態度でハローワークの職員は態度が悪いとの印象がついてきます。

確かに砕けた話し方をされると見下されたとか態度が悪いと感じる人はいるでしょう。

業務多忙とストレス

ハローワークの職員は求職者と企業を結ぶ架け橋であり、業務は多岐にわたります。

そのため、忙しさやストレスからくる態度の不足が見受けられることがあります。

一日にとてもたくさんの人の対応をしなければなりません。

利用者の中には高圧的で態度が悪い人もいます。

そんな人たちからのストレスで余裕が無くなることも影響しています。

ハローワークの職員は親切な人が多い

「笑顔で人指し指を立てる女性」の写真[モデル:SAKI]

昔は高圧的で態度が悪い職員が多かったと聞きます。

私がハローワークを利用し始めたのは2010年代です。

そのころは特に態度が悪い職員はいなかったです。

現在では、ハローワークの職員は相手の話をよく聞き、丁寧な言葉使いで対応がいい人が多いです。

求人について丁寧に教えてくれるし、求職者に寄り添った対応をしてくれている印象です。

ハローワークにネガティブなイメージを抱いている人は多いです。 しかし、今はかなり丁寧な対応だし変な職員も少ないと感じます。

ハローワークの職員が親切な理由3つ

「商談決まってヨッシャー男子」の写真[モデル:SHUN]

ハローワークの職員の対応も昔と比べてかなり変わってきています。

本当に丁寧で親切な対応をする方が多いです。

なぜここまで親切な対応をするようになったのでしょうか?

本記事では三つの理由を紹介します。

サービス向上の意識向上

過去の不満に対する改善策として、ハローワークはサービス向上に努めています。

職員のトレーニングや研修が充実しており、親切な対応が求められています。

役所の新人研修でも接遇やビジネスマナーの研修があります。

職員はとにかくお客様に対して丁寧な対応を心がけています。

役所の新人研修ではクレームにつながる対応について勉強しました。 クレームについてかなりうるさく指導されていた印象でした。

ITシステム導入による業務効率向上

近年ではITシステムの導入により、業務が効率的に行われています。

これにより職員はより多くの時間を求職者との対話に費やし、親切なサポートを提供できるようになりました。

求職者ファーストの方針

ハローワークは求職者の利便性を重視し、職員にもその理念が浸透しています。

結果として、親切な態度が求職者に対して示されるようになりました。

求職者の希望を丁寧に聞いて、より希望にマッチした対応を心がけています。

 

相手を否定したり、求職者の希望を無視した求人ばかりを紹介すればクレームにつながります。

ハローワークで態度が悪い人への対処法

「はち切れそうなスーツを着て頭を掻く膨よかな男性」の写真[モデル:ダルマ親方]

これまでハローワークの職員の対応は昔と比べて変わってきたと言うことを説明しました。

しかし、態度が悪い職員がいることも事実です。

ハローワークでの対応に不満を感じた場合、冷静に対処することが重要です。

以下は、態度が悪いハローワークの職員に対する具体的な対処法です。

ハローワークの責任者に「態度が悪い」とクレームを入れる

ハローワーク内には責任者がいます。

不快な対応を受けた場合は、その旨を伝えるクレームを入れることで改善が期待できます。

公務員はクレームに対して敏感です。

一度クレームが入って職員に対しては指導があります。

次回の利用でその職員が当たることは無いでしょう。

担当、窓口を変わってもらう

別の担当者や窓口に変更を依頼することで、異なる視点からのサポートを受けられるかもしれません。

担当を変更することは問題ありません。

合う合わないはあるので、自分のためにも申し出てみましょう。

転職活動ではメンタルが重要だと考えます。 不快な思いをした状態や自己肯定感が下がった状態で活動しても良い結果は得られないでしょう。 成功させるためにも他に人に対応してもらいましょう。

我慢せず、その場をすぐに立ち去る

一度の悪い経験でモチベーションを下げることは避けたい場合、我慢せずその場を離れ、他のサービスや手段を検討してみましょう。

転職活動にはモチベーションが大切です。

モチベーションを下げたり、自己肯定感を下げることは避けましょう。

相手の対応が我慢できなければ離れることは問題ありません。

ハローワーク以外での転職活動をおすすめ

「転職活動に力が入る男性」の写真[モデル:はしも。]

ハローワークでの経験が苦痛に感じる場合、他のサービスを検討することも一つの選択肢です。

ハローワークには様々な問題が存在する可能性があり、他の手段を試すことでより良い結果が得られるかもしれません。

現在では転職活動はハローワークだけではありません。

転職サイトやアプリがたくさん出ています。

ネットで応募するのが当たり前となっています。

 

地元で転職したいのであれば。求人誌や広告にも載っています。 その地域で運営している転職サイトもあるので検索してみてください。

まとめ

 

ハローワークの職員に態度不満を感じる理由は、先入観や経験者の高齢者とのギャップ、業務の多忙さとストレスが挙げられます。

しかし、最近では職員のサービス向上への意識やITシステム導入により、親切な対応が増えています。

対処法としては、クレームや担当者変更を検討することが挙げられ、苦痛を感じる場合は他の転職サービスも検討すべきです。

ハローワークの改善に期待しつつ、自身のキャリア構築に最適な方法を選びましょう。