新!辞めログ

辞めたことで見えてくるものがある。これまで仕事転職を通じての考え経験を発信。

【転職失敗を避けるために】転職で失敗する6つの行動

転職を考えてしるけど失敗したくない。

転職経験者の中には転職して失敗したことがある人がいるのではないでしょうか?

また、転職を考えている人は今よりいい環境や待遇を求めて転職しますよね?だからこそ、転職失敗は避けたいと思って当然です。

転職は新しい環境にで働くことですし、不安が多いはず。

実際に私は過去、転職を失敗して苦い経験をしたことがあります。

今回は転職に失敗してしまう行動を6つ紹介していきます。過去を振り返りながら書いていきます。

○この記事の対象者

  • 転職を考えている人
  • 転職を失敗したくない人
  • 後悔しない転職活動をしたい人

○自己紹介

中核市で公務員として約五年間働いてきました。その他、外資系企業や大手ホテル業界でも仕事をしてきた経験があります。転職回数は五回くらいあります。実際に転職活動で失敗したことある。過去の経験を踏まえて情報を発信していきます。

転職で失敗する行動6つ

では具体的に転職で失敗してしまう人の行動を紹介します。大きく言えば、転職活動前に準備が大切です。

今回紹介する行動を参考に転職活動をしてもらえれば失敗は防げます。

手当たりしだいに応募する

落選のイラスト(女性)

とにかく早く仕事を決めたい。そんな心理からか適当に手当たりしだいに応募する傾向があります。

とにかく、仕事内容よりもお金を見ていたり、楽そうな仕事を選んだりと自分の芯がブレている状態。

この行動は、連続で不採用を経験した人に多い行動だと考えます。実際、私自身も連続で不採用になり、とにかく早く仕事を決めたいという思いから適当に応募していた過去があります。

当然、いい結果はでませんでした。

自己分析をしない

データ分析のイラスト

自分がこれまでやってきたことや,やりたいことなどを書いてみましょう。

転職の理由の多くは現在の仕事に満足していない。より良い環境を求めて仕事を変える。

自分が何がやりたいのか。仕事選びでの優先順位は何なのか?はっきりと自己分析をして取り組んだほうが転職してからの失敗が少ないです。

まず、転職活動をする前に自己分析をしてください。

焦って結果をすぐに求める

焦って書類を書く会社員のイラスト(女性)

転職活動期間は不安がつきものです。いつ次の仕事が決まるのか。次の仕事は良い環境なのか。様々な不安があるでしょう。

不安からかすぐに結果を出したいと焦りがちになります。

焦ると適当に職を選んでしまったり、やりたいことがわからなくなってしまいます。結果として、転職に失敗してしまうことに繋がる。

転職の最大の敵は焦り。

例え連続で不採用になったとしても焦らずじっくりとやりたいことを見つけましょう。

求人票の条件をよく見ない

求人票の条件はしっかり見ていますか?納得していますか?

仕事内容から給与までじっくり条件を見ましょう。そして、疑問に思ったことは面接の時に質問する。

残念ながら求人票と実際に条件が違っていたなんてことが普通にあります。求人票にはいいことを書いて、実際は条件が違っていたことなんて日常茶飯事です。

私もそういった経験があります。その時、疑問に思っていたのですが有耶無耶にして確認しませんでした。私の後に入った人たちの中には条件の違いで辞めた人もいました。

失敗を防ぐためにも焦らずに条件をしっかり見ましょう。少しでも納得出来ない状態で仕事を始めても失敗します。

転職が決まらないうちに退職する

退職代行のイラスト(女性)

次に仕事が決まらないうちに退職することはメリットもありますがデメリットもあります。

メリットとしては時間が自由に使える。迅速に行動できることです。

急な面接にも対応できるし、すべての時間を転職活動に使うことが出来ます。

デメリットは収入源がなくなること。時間に拘束があることです。

収入がなくなることで早く決めなければという焦りが出てきます。

結果として転職失敗に繋がります。

働きながらの転職活動だと収入があるので余裕が生まれる。

個人的には働きながらの転職活動をおすすめします。

 

 

自分で全てを行おうとする

けが人に肩を貸す人のイラスト(男性)

意外に思うかもしれません。転職活動は自分で仕事を見つけて全て自分1人で行動するものだと考えている人が多いでしょう。

もちろん私もそう考えていました。

しかし、転職成功者は人を頼ったりと周りを巻き込んで活動している人が多いです。

転職が成功する確立を上げる行動

では、反対に転職成功へ導く行動を紹介します。

  • 友人等に仕事を紹介してもらう
  • 転職サイトの活用
  • 三者に見てもらう

順番に説明していきます。

友人や知人に仕事を紹介してもらう

自分が転職活動をしていることを周りに話しましょう。そして、もしかしたらいい仕事の話を持ってきてくれる可能性もあります。

他者からの紹介で仕事が決まることは多いです。実査に働いていた人からの情報も得れます。

仕事のイメージがしやすいし事前に情報が手に入ることがメリット。

また、面接を受ける前にある程度、自分の情報が相手に伝わっているので採用される可能性が高いです。

転職サイトに登録しましょう

 

転職サイトではエージェントによる面談を受けることができます。転職のプロの目から見た適性職がわかります。また、職務経歴書の書き方や自己分析方法、PRについてもアドバイスが貰える。

ハローワークの求人には載っていない求人があるのも魅力。条件の良い求人が見つかる可能性が高いです。

地方、都会問わず多くの求人がでています。地方だから使えないと言った考えは捨てましょう。

実際に私も地方に住んでいますが転職サイトを活用して転職を成功させています。

三者から見てもらう

他人から自分の適性や強み、欠点を見てもらいましょう。自分ひとりで考えていてはわからなくなってしまうことが多いです。

更に、視界が狭くなり考えが限定的になってしまう。そんなときこそ他者の視点からのアドバイスが重要だと考えます。

自分の適性の職業や自己PRがわかります。一人で悩まずに他人の意見を求めるのは転職成功の鍵だと言えます。

焦って就職が決まらないあなたへ

連続で不採用を受けてしまい結果が思うように出せない。そんなときは一度、就活を止めましょう。

煮詰まっている時は視野が狭くなるし、更に焦って良い結果がでません。例え転職に成功してもいざ働いてみたら失敗したなんてこともある。

旅行にいったり一度リフレッシュすれば見えなかったことも見えてきて良い結果がでます。

 

まとめ

転職活動期間は不安に陥りやすく、焦りがでてきます。

上記に紹介したような行動をとっている人は注意が必要です。

焦りは良い結果をもたらしません。失敗する確率が高くなります。

転職成功にためにも焦らない。周りを頼ることも重要です。 不安は誰にでもつきもの。しっかりと下準備が必要になってきます。