新!辞めログ

辞めたことで見えてくるものがある。これまで仕事転職を通じての考え経験を発信。

職場にいる細かい人は面倒、疲れる。対処法を紹介。

 
  • 職場に細かい人がいて疲れる。
  • また、ミスしたんじゃないかと不安。
  • 何か対処法はないの?

職場に細かいことで言ってくる人はいませんか?

もちろん、仕事のミスを防ぐためとかで細かく確認することは重要です。

しかし、ほんとに何か小さなことでいろいろ指摘したり、「そんなとこまで見なくてもいいじゃん」みたいな人もいます。

こんな細かい人にはどうやって対処すればいいのでしょうか?

〇本記事からわかること

  • 細かい人の特徴
  • 細かい人の対処法、接し方
  • 細かい人と働くメリット、デメリット

https://msasa70car.com/bad-person-at-work/

細かい人の心理と特徴

「うちのチームリーダーが物申しにきた」の写真[モデル:段田隼人] 仕事で細かい人にはいくつか特徴があります。

けっこう相手の心理がわかれば対策しやすいし、そんなにイライラもしなくなるでしょう。

いくつか細かい人の特徴と心理についてまとめてみました。

思い通りにできないとイライラする心配症

細かい同僚が思い通りに進まないとイライラするのは、彼らが計画通りに物事を進めることで安心感を得ているためです。

計画が狂うことで予測不可能な状況に不安を感じ、それがイライラやストレスの原因になります。

この特徴を理解することで、仕事の進行やスケジュールの変更に対して柔軟に対応することが重要です。

怒られることを極端に嫌う

細かい人は批判や叱責に敏感であり、自分の仕事が他者に合わないことを嫌がります。

これは、自己評価に敏感であるためであり、他者からの否定が大きなストレスとなります。

対話の際には、ポジティブなフィードバックを心がけ、柔らかい口調でコミュニケーションを取ることが良い結果を生むでしょう。

結構自分のミスを指摘しても、謝らなかったりします。

自分が正しいと思い込む特徴

細かい人は自分の方法や意見にこだわり、他者の意見を受け入れにくい傾向があります。

これは、自分の信念を守ることで安心感を得ているためです。

相手の意見にも耳を傾けつつ、共感を示すことで対話の円滑化が期待できます。

ルール通りできないと仕事ができない

細かい人は、仕事がルール通りに進まないと安心感が得られず、ストレスを感じることがあります。

プロジェクトや業務の進捗が予定通りでない場合、彼らは不安や焦燥感を抱くことがあります。

これを理解し、柔軟に対応できるよう心がけましょう。

仕事をするのに時間がかかる

細かい人は、細部にこだわりすぎて仕事が時間を要することがあります。

計画や手順の段階で細かな点に気を配りすぎることが、全体の進捗を遅らせる原因となります。

協力的にサポートする一方で、効率的な進行方法を提案することも重要です。

業務の目的が見えていない

細かい人は、仕事の細部にフォーカスしすぎて全体の目的が見えにくくなることがあります。

業務の目的や大局を共有し、全体のビジョンを共感させることで、仕事への理解が深まります。

こだわりが強い

こだわりが強い細かい人は、一度考えたことや計画を変更することに抵抗を感じることがあります。

柔軟性を持って提案や変更点を伝え、相手が受け入れやすい形で協力を得ることが大切です。

 
相手の意見、考えを否定から入ることも多いと感じます。自分のこだわりが強いうえに受け入れるのが難しいのでしょう。

完璧主義

完璧主義の傾向がある細かい人は、物事を完璧に仕上げることにこだわり、自己要求が非常に高いです。

彼らには肯定的なフィードバックを与え、同時に適切なタイミングで進捗を促進する助言をすることで、バランスの取れた仕事を進めることができます。

 

細かい人が陥ること

「社中泊」の写真[モデル:のせさん] 細かすぎる上に陥ってしまうことがあります。

下記のことに理解をもとに、上手なコミュニケーションや協力の方法を模索することが、細かい人との円滑な関係構築に繋がります。

物ごとに細かくなりすぎる

細かい人が物ごとに細かくなる理由は、彼らが細部にこだわりすぎて全体像を見失いがちなことが挙げられます。

彼らは計画や手順に従い、細かな点に気を配りながら仕事を進めることで、自分の仕事に安心感を得ています。

しかし、これが逆に全体の進捗を遅らせる原因となります。

細かすぎる人は悩んでいる

細かい人が抱える悩みは、他者の理解が得られにくいことや、計画通りに進まないことによる不安やイライラです。

また、彼らは完璧主義の傾向があり、自らに対する厳しい要求がストレスとなっています。

他者とのコミュニケーションが苦手な場合もあり、これが仕事の進行に影響を与えることがあります。

職場の細かい人との付き合い方と対処法

「「ここ試験に出るから」と重要事項を説明する塾講師」の写真[モデル:大川竜弥] 細かい人とはどのように付き合っていけば良いのでしょうか?

できれば関係を悪くはしたくないですよね?

下記のアプローチを通じて、職場の細かい人との関係を円滑にし、協力的な雰囲気を築くことができます。

柔軟性を持って彼らの強みを活かし、共通の目標に向かって協力することが成功の鍵となります。

細かい仕事をまかせる

細かい人には、彼らが得意な細部に関する仕事を任せましょう。

これにより、彼らの専門性を発揮させながら、あなたは他の仕事に集中できるようになります。

ただし、彼らに任せる仕事が全体の進捗に影響を与える場合は注意が必要です。

あなたがする仕事はチェックされないようにする

あなたが担当する仕事が、細かい人によって過度にチェックされることを防ぐために、進捗状況や成果物に対して十分な説明や報告を行いましょう。

これによって、彼らが不安を感じずに信頼できると感じることができます。

細かさをほめていい気分にさせておく

細かい人のこだわりや注意力をポジティブに評価し、褒めることで、彼らのモチベーションを向上させることができます。

ただし、褒める際は誠実さが重要です。

誇張せず、具体的な行動や成果に焦点を当てて褒めましょう。

話を聞いてあげる

細かすぎるのは何か悩んでいる場合もあります。

何か悩みや意見を抱えている場合、まずはじっくりと話を聞いてあげましょう。

彼らの気持ちや考えに理解を示すことで、お互いの信頼関係が築かれやすくなります。

できそうなことは対応する

細かい人の求めることの中で、できる範囲の仕事やサポートは率先して行いましょう。

彼らが感謝や協力を感じることで、良好な協力関係を築くことができます。

相手と距離を置く

ほんとにイライラして相手にしたくない。

面倒と感じて仕方ない場合は適度な距離感を保つことも大切です。

細かい人が過度に干渉してくる場合、仕事の進行や効率が損なわれる可能性があります。

適度な距離を保ちながら、必要なコミュニケーションを心がけましょう。

あきらめて近寄らない

いろんな対策をしたり、こちらから理解しようと努力をしてみたがダメだった。

一部のケースでは、相手の性格やコミュニケーションスタイルが合わない場合があります。

そのような場合は、無理に関わらず、ある程度の距離を保つことでストレスを軽減できます。

細かい人と働くメリット,細かい人と働くデメリット

「同期の成績が気になる営業担当」の写真[モデル:大川竜弥] 細かい人と働く際には、これらのメリットとデメリットを考慮しながら、適切なコミュニケーションや調整を行うことが重要です。

バランスを取りながら協力し、お互いの強みを最大限に活かすことが成功の鍵となります。

メリット

  1. 品質向上
  2. 細かい人のこだわりや注意力がプロジェクトや業務の品質向上に寄与することがあります。彼らが見逃すことのない細部への配慮は、最終的な成果物の精度を向上させます。

  3. ミスの防止

  4. 細かい人のチェックがミスを防ぐ一因になります。彼らの目が行き届いていることで、細かなエラーや不備を事前に発見し修正できるため、全体の品質が向上します。

デメリット

  1. 進捗の遅れ
  2. 仕事が進まない時間がかかることがあり、仕事のスケジュールに遅れが生じる可能性があります。彼らのこだわりが過度になると、全体の進捗が遅れることが懸念されます。

  3. コミュニケーションの難しさ

  4. 細かい人は他者とのコミュニケーションが難しい傾向があります。他者の意見を受け入れにくく、自分のやり方を優先させることがあるため、円滑な協力やチームワークが難しいことがあります。

  5. ストレスの蓄積

  6. 彼らの完璧主義やこだわりが過度になると、自己要求が非常に高くなり、結果としてストレスが蓄積される可能性があります。これが他者との摩擦や不満の原因となることがあります。

  7. 全体の視野の狭さ

  8. 細かい人は細部へのこだわりが強いため、全体の視野が狭くなることがあります。業務の目的や大局を見失いがちであるため、プロジェクト全体の戦略的な視点が欠けることがあります。

まとめ

職場での細かい人との付き合い方やストレス軽減のための具体的な方法は、相手の特徴を理解し、柔軟な対応を心掛けることが不可欠です。

物事をポジティブにとらえ、適切な距離感を保ちながら円滑なコミュニケーションを築くことで、ストレスを最小限に抑えながら仕事を進めることができるでしょう。