新!辞めログ

辞めたことで見えてくるものがある。これまで仕事転職を通じての考え経験を発信。

転職会議の口コミは見るべき?会社の評判は見たほうが良い理由

転職会議にかかれているコメント気になるけど見たほうがいいの?

皆様、転職会議と言うサイトを御存知でしょうか?

企業の評判や収入、仕事内容等が書かれているサイトです。一見ただの口コミサイトでネガティブなことも書かれているし見ない方が良いという意見もあります。

結論から言います。

転職を考えている人は見たほうがいいと考えます。

転職会議で会社の口コミを見ることで転職に失敗する確率が下がります。

誰でも転職に失敗したくはありません。私は過去に会社の口コミを見ないで転職して失敗した経験があります。

過去の経験から必ず会社の口コミをみる様にしています。

この記事の対象者
  • 転職会議を使いたい人
  • 転職しようと考えている人
  • 転職先の情報を集めたい人

 

この記事からわかること
  • 転職会議の利用方法
  • 口コミを見るべき理由
  • 転職に失敗しない方法

 

転職会議とは

株式会社リブセンスによって運営されている企業に関する就職転職関連のクチコミ情報を提供するウェブサイト2020年現在、掲載企業462万社、300万件の企業に関するクチコミ情報が掲載されている。会員登録者数は700万人を超える。

 

この様に登録した人は口コミを書くことが出来てなおかつ他の企業の口コミを閲覧することができます。

利用方法

スマートフォン教室のイラスト

では、利用方法を見ていきたいとおもいます。

まずは会員登録をしなければなりません。会員登録をして初めて口コミを閲覧することが出来ます。

 

出身地、生年月日、学歴、希望職種、職歴を記入して登録します。

ヤフーやグーグルのアカウントを使って簡単に登録もできます。ただし、上記に書いた生年月日等は登録必須項目です。

最後にこれまで勤めた会社の口コミを書けば、他の会社の口コミを見る頃が出来ます。

スマートフォンサイトだとある一定までは会員登録しなくても閲覧可能です。

転職会議の方式は「すべての情報を見たければ自分も会員登録して会社の口コミを書いてくださいよ」と言う方式である。

転職会議で口コミを見るべき理由

ネットの口コミのイラスト

具体的に登録方法について紹介しました。ではどうして口コミを見たほうが良いのでしょうか?

会社の情報がわかる

これは口コミに給与面など具体的な情報が載っています。求人情報には表面的なことしか書かれていません。

また、ホームページをみても取り組みについて詳しく書かれていなところが多いです。でしたら、実際に働いていた人の情報が一番具体性があります。

特に給与面を詳しく知ることが大切だと感じます。なぜなら、求人誌には具体的な給与については書かれていません。

転職者は入社してからの給与が知りたいのです。残念ながら会社によっては勤続3年の給与モデルを求人誌に掲載しているところもあります。

求人誌には良いことを書いて置かなければ人が集まらなからです。給与面のリアルな数字を見るためにも口コミを見ておく必要があります。

 

具体的な仕事内容を知ることができる

口コミには一日の仕事の流れについて書かれている方もいます。仕事内容がイメージできれば志望動機作成にも具体性がもててより良いものを作ることが出来ます。

さらに、仕事の対してやっていけそうかなど転職してからの失敗もしにくいと考えます。

ネガティブな意見も知ることができる。

転職会議で口コミを書いている人は在籍している人か退職している人のどちらかです。更に、会社に不満がある人が口コミを書いているパターンも多いです。

結果的にネガティブな意見を多く目にします。しかし、ネガティブな意見だけでなく良い意見もあります。

ネガティブな意見だけでは会社の評価が星1つの企業ばかりになってしまいます。

実際にネガティブな意見を書いている人は会社での待遇に不満があったりしたからだと思います。全員が不満があるわけではありませんが会社のマイナス面も知っておくことを強くおすすめします。

会社のネガティブな面と自分の今のやる気やスキルなどを天秤にかけて判断できます。ネガティブな意見は会社選びの重要な判断材料になります。

入社前に会社の評判をみて仕事内容や待遇面に疑問を感じたら面接で質問も出来ます。

必ず入社前に不安な点は解決しておいたほうが良いです。なぜなら、入社後に退職してしまう可能性があるからです。

私の失敗談

私は過去に会社の評判を見ないで転職に失敗した経験があります。入社したのは全国的にも有名なブラック企業でした。

口コミにある通り、法令を無視した仕事や休日関係なしの仕事。さらに低賃金重労働でした。

休日の夜七時ころに電話がかかってきました。

「今月の会員のノルマが足りないからこれから誰か友達とか呼んできて」

休みの日だろうが仕事を終わって帰ろうが関係ありません。常に電話がかかってきました。

晦日の前の日にシフトに入っていました。しかし、会員のノルマが達成できなかったため大晦日の日も無給で休日出勤したこともあります。

この様な法令も関係ない様な労働状況が日常茶飯事行われている会社でした。もちろん、口コミを見るとかなりの低評価でした。

私は過去に口コミを見ないで失敗しています。

口コミを最初にみて疑問点や不安があれば解決する。それでも不安が取れなかったら違う会社にするという選択肢がありました。

自分の受ける会社のネガティブな情報は誰でも聞きたくないと思います。

しかし、転職を成功させるためにも必ず評判は見ておいて損はありません。

まとめ

転職を成功させるためには情報集めが大切になってくる。ホームページなどで得られる情報は表面的なものが多い。

転職会議に場合、実際に勤めている人や勤めていた人の意見が見れる。より会社や仕事に対して具体性のある情報を集めることができる。

転職を失敗しないためにもネガティブな情報も受け止めるべき。 不満が多く書かれている会社はブラックの可能性が高い。