【フリーター・無職必見】26歳フリーターから大手外資系企業に転職したときのポイントを解説

転職



こんにちは。マサです。

26歳のときに大手物流外資系企業に就職しました。私はそれまで調理関連の会社でアルバイトをしていました。26歳でフリーターは一般的には詰んでいると思うかも知れません。

しかし、そこから転職活動をして内定を勝ち取ることができました。この他にも、大手ドラッグストアの正社員にも合格しました。

昔はうまく行かなかったのになぜ今回は内定を取れたのか、過去を振り返っていきたいと思います。

転職サイトの活用

私の場合、今回はハローワークを使わずに大手転職サイトを利用しました。

田舎だったにも関わらずたくさんの求人がありました。転職サイトの場合、今までの職歴、そこで得たこと、自己PRなどを事前に記入しなければなりません。事前に企業には自分の経歴がわかるので相手に自分を知ってもらえる状況ができることがメリットです。

また、転職サイトの場合、自分に興味のある企業からのオファーが来るので内定をもらいやすい環境にあります。

※転職サイトについてまとめてあります。私も以前、転職サイトを使って内定をもらって経験があります。

【地方でも大丈夫】20代未経験で実際に使った4つの転職サイトの比較
主な転職サイト4つをまとめてみました。地方で20代未経験の状態で実際に使用した転職サイトです。それぞれ、メリット、デメリットを書きました。目的や条件に合わせてうまく活用していきましょう。活用のポイントもまとめました。

4度の試験

内定を勝ち取るまでん4回も試験がありました。

1回目は筆記試験でした。ネット上で行う試験でした。数学や英語、一般常識などそれほど難しくない内容でした。試験対策として本屋に売っているような一般常識のテキストをやったくらいです。

二回目は電話面接です。電話での面接なんて外資系らしいなと思いました。一時間くらい話しました。内容はそこまで固くない、志望動機や自分の長所、短所、これまでの経歴について話しました。

3回目は配属先での面接と実技試験です。面接の内容も2回めとそこまで変わらず、入社してからやりたいことや取りたい資格などについて簡単に話しました。その後、車の運転があるので簡単な運転技術の試験がありました。

4回目は本社での面接です。本社で複数対1と言う形で行いました。ここでは結構質問を突っ込まれました。「なぜこの会社なのか?」「この資格は取るの難しいけどできるの?」「落ちたらどうするの?」などなかなか難しい質問が多かった印象です。

試験対策

では、具体的に試験に向けて(主に面接)に向けて何をしたか書きます。

  • 今までの経歴を振り返る
  • 自分を見つめ直し自分を知る
  • 企業の取り組みや評価などをみて研究

なぜ今までアルバイトをしていたのか?自分の場合、プロで格闘技の試合に出ていたのでそちらに専念したかったからと言うのが理由です。また、アルバイトや格闘技から得たものもまとめました。スキルであったり考え方などを紙に書きました。

とにかく、ただアルバイトしてます!ではなく身になるためにしっかり働いていた事や自発的に行動したことを書きました。

あとは、これまでの経験で得たものが仕事で何に役に立つかを考えました。人それぞれ経験は違う。誰しも無駄な経験は無いはず。絶対に仕事に活かせる部分があるはず。そこを深堀りして考えていくことが重要。

また、自分を見つめ直し、長所短所を考えました。短所は裏返せば長所になるような書き方をしました。例えば、心配性であるということに対して慎重に行動できるのが強みですと言った感じです。自分のスキルや得意なところがどこで仕事で活かせるかを説明しました。

企業研究についてはホームページを見て、特に力を入れている分野や入社してから何ができるかを考えました。会社ではEラーニングでの勉強ができるようだったので英語学習や資格取得を目指したいと書きました。その会社の強みや入社後にしたいことを具体的に書くと良いと思います。また、レビューサイトで会社の評価もみました。具体的な仕事内容や一日のスケジュールも書いてあるので仕事のイメージがしやすいです。

まとめ

わからないことや出来ないことは素直に話したほうがいい。「わかりません」とか普通に答えました。変に飾るとわかってしまう。なぜ、今までこうしていたのか、そこからどうしたいかを具体的に話せるといいです。あとは、求人を見て難しそう、倍率高そうなどと思い、諦めないこと。とにかく挑戦です。

最後に一言。何歳になっても人生はやり直せます。人生詰んだと思っている人は行動しまくって見てください。

おわり

タイトルとURLをコピーしました