【やりたいことがあるけど行動出来ない人へ】個性を貫くことで人生が変わる4つの理由

仕事論・価値観

やりたいことに挑戦したいけど失敗したら周りから言われるのがこわい

あなたはやりたいことはありますか?本気で取り組みたいことはありますか?やりたいことが出来ない。失敗した時など周りからの評価が気になりますよね?

私も過去に批判された経験があります。一歩踏み出せないあなたが取るべき行動は…

個性を貫くことです。

勉強を頑張っていい成績を取る。いい大学に入り、大企業に就職する。結婚をして家庭をもってマイホームを建てる。

日本の王道の人生設計です。

この人生設計から外れたことをすると批判されたりします。

レールを外れて自分で道を切り開いていくことがダメなのでしょうか?


人と違うことが出来ない理由

ダンスが苦手な生徒のイラスト

人と違うことが出来ない理由は3つあります。

  • 周りの評価
  • 前例が無い
  • 先が見えない

順番に解説していきます。

周りからの評判を気にしてしまう

日本人は横並びが大好きです。みんな同じでは無いと気が済みません。

小さい頃から私達は個性を大切にしろ。自分の考えを貫けとは教わって来ませんでした。

例えば、学校で質問されたとします。自分がこう思うところに手を上げてください。そうするとみんな周りの反応を見て多いところに手を上げませんか?

周りと違うことをして他者からの評判を気にします。それは仕方のないことです。中々、自分の意見に自信を持って行動できる人はいません。

他者からどう思われているかが気になり、他者と同じ道を歩くのが普通になってしまいます。

前例が無い

他人と違うことをする。他の人がやっていないことなので前例がなかったり少ない。

つまり、自分でもこれからどう行動していけば良いかわかりません。自分で考えて行動するより他者の例を見習って行動したほうが遥かに効率がよく失敗しにくい。

しかし、結果は人と同じものになります。先駆者となって自分の道を作っていく不安がつきまといます。

先が見えない不安

自分で行動していくためにこの先何が起こるかわからない不安があります。

前例があればある程度の結果を予測できます。しかし、自分だけの道を行くとなると結果が予測しにくい状況になります。

例えば、会社員を辞めてフリーランスでやっていく。フリーランスなんて日本ではまだ少なくレールから外れた行動になるでしょう。

明日、本当に仕事があるのか?一年先、一ヶ月先も仕事が取れるのだろうかと言う不安があります。

先の不安と言う見えない敵におびえて行動ができないのも理由の一つです。

自分だけの道を歩む理由

修学旅行のイラスト「地図を見て道を探す子供達」

では、なぜ人と同じことはやらないほうが良いのでしょうか?

  • 違う結果になる
  • 自分の考えが確立できる
  • 人生が楽しくなる
  • 成功者になれる可能性がある

順番に解説していきます。

人とは違う結果になる

人と違うことをしているので当然、他人とは違う結果になります。同じことをしていては結果も似てきます。

結局、オリジナルの結果を超えることは難しい。もっと良い結果を出そうと思ったら人と違う自分の方法で勝負するしかありません。

野球をやっている人みんながイチローのバッティングフォームを真似すればイチローみたいになれますか?

ある程度の結果は出せると思います。しかし、あのフォームはイチローのオリジナルのもの。真似をしたからといってイチロー以上の成績をだすのは難しい。

自分だけの癖などを分析したフォームを作り出すことでより高い結果が生まれる。他者と同じで限界があります。

自分の考えを確立できる

自分の道を作るということは自分で考えていかなければなりません。軸となる考えがなければブレて失敗します。

しかし、他者と違うことをしている人は自分の信じる考えを持っています。また、自分の考えが確立してくれば自然と自分で道を作れます。

起業家の方々の話を聞いたことがありますか?起業して成功している人はしっかりと自分の考えを持っています。

成功者なんて特別頭が良かったんだろ?そんな反論が返ってきそうですね。特殊なスキルもなかったし、天才ではなかった。

ただ共通して言えるのは自分を知っていて芯をしっかり持っている。考えや芯がない人はとりあえず自分がやりたいと思ったことを挑戦してみてください。

挑戦することで考えが確立されていきます。

人生が楽しくなる

自分のやりたいことに挑戦するのはワクワクしませんか?決まったレールの上を歩くのは簡単。

しかし、レールを作るのは難しい。でも、レールは自分次第でどこまでも伸ばすことができます。

すべての結果は自分次第。本気で取り組めるます。人生がワクワクします。人と違う道を走ることで人生をより楽しめます。

成功者になれる可能性がある

これは決まったレールを歩けば結果はわかる。しかし、自分で行動すればすごい結果になるかも知れません。

成功している人の多くは自分で起業したり仕事を生み出しています。自分が行動した結果、成功への道につながっている可能性もあります。

成功と言っても人それぞれ違うでしょう。自分なりの幸せとか、お金、社会的地位、名誉。決して大きな行動でなくても良いのです。

副業のためにブログを始める。ブログなんて稼げるの?周りの人に聞いてみてください。高確率でブログやっている人いないですよ。

ブログで稼ぐと話して見てください。「無理だよ」と言われます。

何故言うのか?自分がやったことが無いし前例が少ない。一般的な考えから逸脱しているからです。

でも、わかりません。成功するかも知れません。数十万でも稼げるかも知れません。

私は違う道を選んだ【過去の体験】

スポーツマンのイラスト

私自身、だいぶ人とは違う道を選んできました。

まず、短大を卒業後にプロのスポーツ選手を目指しまた。当時、短大二年の時、就活をしていて本当にやりたいことが見えなかった。

もちろん、こんなモヤモヤした状態じゃ就活なんてうまく行きません。そして、気がついた。昔からの夢に挑戦しようと。

当時、周りの同級生や大人たちからは「馬鹿だ」、「新卒を逃すなんてもったいない」など批判を受けました。

確かに批判されると傷つきます。自分は間違っているのかと不安になりました。

アルバイトをしながら夢を追いかけていました。アルバイトで働いていることをバカにされたりしたこともあります。

しかし、挑戦した結果、夢は叶いました。自分の人生において大きな成功だったと確信しています。

自分は人と同じは嫌だ。振り返ってい見れば昔からそんな考えでした。

服や靴も人とか被るのが嫌でした。車も人と被らない個性をだした物を選んでいました。

私は根っからの変わり者です。

公務員時代の経験から学んだこと

働く人たちのイラスト

私は約五年間、公務員として働いてきました。

結論から言います。退職した理由はみんな一緒の考えが合わなかったからです。

公務員の世界は横並びが大好きです。人と違う行動や考えを持っていると批判されます。常に誰かのことを意識して発言や行動をしなければならない。

勘違いしないでください。仕事を好き勝手にやりたかったとかではありません。「みんなそうだから」「みんなやってるから」「みんな〇〇」これが当たり前の世界です。

みなさん同じステータスではありません。できる、できないもあります。個々の特性を無視して何でも横並びにしてしまう体質があります。

残念ながら、これまで変わった道を選んできた私には合いませんでした。

しかし、公務員の経験があったからこそ、自分は自分の道を進むタイプ。個性を貫く人間なのだと知りました。自分の考えを確立できたのは大きな収穫でした。

やりたいことが出来ない人へ

自分の道を進む。やりたいことがあっても実現出来ない人はどうするか。

最悪の事態を受け入れることです。

最悪の事態とは挑戦に失敗してしまったときのことです。例えば、フリーランスで収入を得ていこう。これが失敗してうまく収益に繋がらなかった。

その場合はどうするかです。また、就職して出直す。または、アルバイトをしながら軌道に乗るまで頑張る。

このような選択肢ができると思います。

挑戦できないのは結果がどうなるかの不安が大きいからです。ですので、最悪の事態を想定して解決策を考えておけば一歩踏み出せるはずです。

最後に決めるのは自分自身です。年齢や環境は言い訳に過ぎません。出来ない理由よりできるように考えましょう。

まとめ

人と違うことをするのは勇気がいる。行動できないのは周囲の意見や結果が見えない不安からだ。

しかし、最悪の事態、失敗した時を想定して対策をすれば不安は少なくなる。

自分だけの道を突き進めば成功へ確立があがる。

自分のやりたいことが決まっている人は行動あるのみ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました