在職中での転職活動を勧める3つの理由と活動方法

転職

や、やべぇ。今の仕事辞めたいわ

 

 



こんにちは。マサです。

仕事を辞めたい。転職したい。

現在の仕事に不満を持っている人は多いと思います。一日でも早く辞めたい。転職したいと考えている人は多いかと思います。

以前の私もそうでした。

辞めた後は清々しい。

しかし、焦りが出てきます。

どんな焦りかというと仕事が決まらない。本当に正社員で働けるのだろうか?お金が減っていく。こんな感じです。

過去の自分に言いたい。

在職中に転職活動をした方が後々の失敗が少ない。

なぜ在職中に転職活動をした方がいいのか?

  • 金銭面の不安がない
  • 冷静な判断ができる
  • 時間の余裕がある

一番のメリットは金銭面での焦りが無いことです。

収入源があるので「早く仕事を決めないと貯金がなくなる」といった不安が無い。

このように金銭面の心配が無いので冷静に行動できます。

もし、退職後に転職活動をした場合。最悪、職が決まらなければ収入がない状況が続きます。

どんどん貯金が減ってくる状況が続きます。そうすると早く決めなきゃと言う思いから焦りがでてきます。

この「早くしなくちゃ」と言うのが危険です。本当に周りが見えなくなります。

手当たりしだいに応募して、内定をもらったとしてもその仕事でも失敗する可能性が高いです。

自分がそれで失敗しています。ロクに条件や会社を調べないで入社して大変な思いをしました。

過去に焦りから適当に就職して失敗しました。雇用形態も保険の有無も分からない。

しかも、給料がいくら払われるかも分かりませんでした。

結局、一ヶ月で辞めました。

最後の給料を支払うと言われましたが受け取りませんでした。

 

 

周りで転職に成功している人を見ると、必ず在職中に転職活動をしています。時間を掛けて冷静に判断して決めています。

もちろん決まった後も離職もなく満足している人が多いです。人によっては何度も会社と話し合い納得行くまで行動している方もいました。

会社選びは慎重にならなければいけない。

たかが仕事で大げさじゃない?

確かにそう思うかも知れません。しかし、仕事(職場環境等)が私達に及ぼす影響を考えてみましょう。

  • 日々の生活が楽しいか楽しくないか変わる
  • 休日を有意義に過ごせるか変わる
  • 人生がつまらなくなる可能性もある
  • 鬱病など精神疾患を患うことになる

以上のような事もありえます。そのためにも焦らず時間を掛けて吟味する必要があります。

そのためにも在職中での転職活動をすることをオススメします。

在職中の転職活動は悪いイメージを持たれるのか?

 

在職中に転職活動をすると印象が良くないのでは?

確かに不安がありますね。

結論から言います。

心配しなくても大丈夫です。

職業選択の自由があります。在職中だからといって相手に悪い印象を与えることはありません。

実際に、私も在職中に転職活動をしました。

面接では「仕事してるの?」「いつから働けますか?」くらいの質問でした。

ですので在職中に転職活動をしても相手に悪い印象を与えることはありません。

もちろん相手の企業も在職している会社に確認の電話をするなんてこともありません。

いろいろ情報が溢れており心配する気持ちもわかります。ですが、何か悪いことをしている訳では無いので堂々と転職活動をしましょう。

在職中に活動するデメリット。

  • 自由な時間がすくない
  • 入社日が決まりにくい場合がある
  • 面接日などを前もって予定しておく必要がある
  • 企業研究や書類の準備に影響がでる

これは圧倒的に時間の制約がある点です。

無職の時は自由に使える時間があるので面接をすぐにできたりとフットワークが軽く動くことができます。

在職中の場合、早退したり有給を使って時間を確保するしかありません。

時間の制約があるので転職活動は長期戦が予想されます。

しかし、企業研究や志望動機を考えたりすることは時間をうまく使えばできます。帰ってきて「疲れたからできない」は言い訳です。

朝早く起きて、一時間でも時間を確保できます。

このような工夫で時間を作って行きましょう。

実際の活動方法

実際私が行っていた転職活動や成功した人の活動を紹介したいと思います。

  1. ハローワークでの相談
  2. 地域の就職支援窓口での登録
  3. 人づての紹介
  4. 転職サイトの活用

ハローワークでの相談

 

これは王道ですね。しかし、ハローワークにいってパソコンで求人検索をして終わる人がほとんどでは無いでしょうか?

確かにそれだけでもOKです。

しかし、現状を相談してみることも大事です。相手は就職のプロです。

現在仕事をしている中での転職活動の場合、企業に相談してくれます。面接日の交渉もしてくれる可能性があります。

また、非公開の求人やプロの目線から見た求人の紹介もあります。

転職を成功させる確率を上げるには一人で悩まないことが重要だと思います。そのためにもハローワークでの相談も大切です。

ハローワークのデメリットとしては平日しか利用できないところです。

ですので、休みをとったりしなければ活用できません。

まずは迷ったならハローワークに言ってみましょう。

地域の就職支援窓口での登録

地域で就職支援、斡旋を行っている機関があると思います。行政主体で行っている所が多いと思います。

行政が行っているので信頼があります。

他県に住んでいる方のUターン支援を行っている自治体もあります。

都市集中の現在、どの地域でも人手が欲しい。活性化に力を入れています。

地域の企業を応援する意味でも就職斡旋で人材確保に力を入れています。県単位で活動している所もあります。

メリットとしてはオンラインで職務経歴書を記入できるところと電話での相談ができるところです。

また、土日も開いている場合があります。

更にハローワークの求人も扱っている所も魅力の一つです。

実際に私も登録して面談をしてきました。地域で力を入れている仕事や私にあった仕事を紹介してもらいました。`また、地域の現状も教えていただきました。

デメリットとしては本当に機関が機能しているかわからない所です。なぜかと言うと登録をしても機関側からのレスポンスが無いということです。

表面上、地域活性化に取り組んでいますアピールをしているだけと言う場合も考えられます。

万が一、登録後に機関側からの反応がない場合は自分から問い合わせて見ましょう。

※地方での仕事の探し方をまとめました

田舎には、仕事がない?最強の田舎の仕事の探し方を解説
田舎に移住を希望している人の一番の悩みは仕事だ。田舎は仕事がないと言われている。しかし、本当に仕事がないのだろうか?田舎でどうやってい仕事を探せばいいか解説していきます。

人づての紹介

これもかなりオススメです。

私の知人や友人は人づての紹介で転職して成功している人がたくさんいます。

人づてですとその企業の内部がわかります。実際に働いている人、働いていた人の話が聞けます。

これはかなりのメリットです。実際の仕事の内容や職場の雰囲気がわかる。

転職して失敗することも少ないと思います。

さらに人づての紹介なら内定する可能性も高いです。

また、面接日なども融通うが利く可能性が高いです。

自分が転職活動をしていることを周りに話こと。その結果思わぬ話が舞い込んでくるかも知れません。

一人で悩まず、周りを巻き込んで転職活動をすることが失敗しないポイントだと考えます。

最近私の友人は先輩の紹介で林業関係の仕事に転職しました。

勤務時間を自分で調節できる上に一人で行う仕事だそうです。友人は自分にあっている仕事だと言っていました。

転職サイトの活用

もっとも簡単にできる転職活動です。

なんと言っても自分のペースで活動できる、すぐに活動できる所が魅力的です。

在職中で時間がない人に一番おすすめだと思います。

求人を検索するだけではなくサイトの職務経歴書と履歴書を登録します。

登録した経歴書を見た企業側から連絡が来たり実際に面接に行ったりと活動が進みます。

更に入社日、面接日など詳細な条件も指定できます。

また、転職エージェントを活用できるサイトもあります。エージェントは転職のプロなので、プロから見た意見を聞けるのも魅力の一つです。

大手転職サイトでは地方の求人も取り扱っているので幅広い地域で活用できます。ハローワークには載ってない求人もあるので自分の希望にあった求人に出会えるかも知れません。

私も当時、働きながら転職サイトを使って転職活動をしていました。

面接日も祝日にしてもらえたりと結構融通が利きました。

在職者にとっては一番行動しやすいのが転職サイトの活用だと思います。

転職サイトについては詳しくまとめましたのでこちらを参考にしてもらえればと思います。

【地方でも大丈夫】20代未経験で実際に使った4つの転職サイトの比較
主な転職サイト4つをまとめてみました。地方で20代未経験の状態で実際に使用した転職サイトです。それぞれ、メリット、デメリットを書きました。目的や条件に合わせてうまく活用していきましょう。活用のポイントもまとめました。

就業条件を詳しく聞くのはダメなのか?

転職活動をする上で重要なのは就業条件です。

例えば金銭面や休みについてです。

日本人はお金の話をするのは失礼にあたると思いあまりしません。しかし、給与面は一番大切なところです。疑問があればどんどん聞くべきです。

また、休日についても聞くべきだと思います。休日出勤があるのかどうか?入社前にしっかりと条件は聞くべきです。

でも、そんな事聞いたらやる気がないとか思われるんじゃない?

全くもって問題ありません。実際に私も疑問に思うところは聞きました。それで怒られたこともありませんし、相手も嫌な顔をしませんでした。

以前、待遇面を聞かずに仕事をして後悔をしたことがあります。結局辞めるまで給与についていくら貰えるかなんて知りませんでした。

転職後に失敗しないためにも大切なところは聞きましょう。

まとめ

在職中は時間の制約があり長期戦になる可能性が高いというデメリットがあります。

しかし、金銭面など余裕をもって活動ができます。

転職活動は余裕をもって行ったほうがいい。余裕のない状況だと周りが見えなくなり転職して失敗することが多い。(私は失敗した)

また、一人で活動しないで周りに頼ることが大切です。

退職後、ゆっくり休んでその後転職活動をする。それは蓄えがある人だけだ。

余裕がある人はそれでいい。

だけど、お金に余裕がなければ在職中に活動しよう。

 

タイトルとURLをコピーしました